デンタルケアスタジオHPへ »

知覚過敏症

BLOG

こんにちは。歯科衛生士の谷村です。

最近毎日とても寒いですね。
冬は水も、風も冷たいため知覚過敏の患者さんが増えます。
そこで今日は知覚過敏についてお話しします。

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みです。

《原因》

歯の内側にあるやわらかい「象牙質」が露出してしまうことで発生します。
象牙質に刺激が加わると歯の内部の神経に伝わり、瞬間的に鋭い痛みを感じます。

・エナメル質の摩耗
歯ぎしり、食いしばりや頻繁に歯を磨きすぎ るなど
・歯ぐきの後退
歯周病または歯を力強く磨きすぎるなど
・ホワイトニングの薬剤による刺激

《治療》

・露出した象牙質を薬剤でコーティング
・露出した象牙質を樹脂で被覆する
・歯ぎしり予防のマウスピース作製
・しみる症状が強い場合は神経を取る処置

《毎日の自宅でのケア方法》

・毎日歯ブラシ、歯間ブラシを使用し清潔に保つ(歯周病予防)
・歯を頻繁に、強く磨きすぎない
・柔らかい歯ブラシを使用する
・知覚過敏症状を防ぐ歯磨き粉を使用する(シュミテクトなど)

歯がしみる症状がある場合は一度歯科医院で診てもらいましょう!

LINEで
送る
口腔ケア専門 デンタルケアスタジオ
〒336-0017
埼玉県さいたま市南区南浦和2-42-19アリビル2F» ACCESS

お気軽にお電話・ご予約ください 048-887-5077メールでのお問い合わせ

診療時間 日・祝
09:30 ~ 13:00
14:30 ~ 19:00

休診日:木、日、祝(祝日週は木曜診療)
※土曜日の午前は9:00~13:00、午後は14:30~17:00